return     home
     書名:銀行支店長、走る
著者:江上剛
装画:大前壽生
出版社:実業之日本社

"窓際"だって、誇りはある。

腐敗銀行に明日は来るか!?


[デザイン余談]
窓際寸前の男が、突如支店長に大抜擢。それには裏がいろいろあり女番長とあだ名される女子行員との格闘の物語。池井戸潤さんのカバーも手がけておられる今人気のイラストレーター大前壽生さんに描いていただき、池井戸さんの本とは似て非なる、しかし同じイメージ(銀行経済もの)で読者の目を留めさせようと思いました。売れるためにはどう見せていくか毎回が勝負です。