return
  


[上から]
ロゴタイプ&キャラクター
フォーマットデザイン・表紙・しおり
2015.6月刊
2015年刊行分から
2015.6月刊 差込広告・新聞広告

実業之日本社文庫のビジュアルコミュニケーションについて

実業之日本社文庫の創刊時からトータルアートディレクションをしてきました。激戦の文庫市場にどう食い込んで行くか?実業之日本社文庫にブランド力を持たせられるかが課題でした。そのような課題の中でワードマーク、マークカラーを決めました。マークのカラーは常識でいえば1色ですが、店頭ではバラバラにおかれる事を想定して、カバーのデザインの色のトーンと反対の色を使用するように指定しました。いかに早くマークを読者に覚えてもらえるかを課題としました。棚にすぐおかれる事を想定して、背にはカバーのデザインを想像しやすいように、特徴的な部分をトリミングして入れる事を指定しました。

実業之日本社文庫のアートディレクション

実業之日本社文庫は5年目を迎えようとしています。最近文庫市場が変わってきました。消費税と電子書籍化の影響で文庫が売れなくなってきました。しかし、時代の流行やどんな本が売れているのか等を、良く分析し戦略を立てカバーを工夫していくことでなんとか対抗していけると考えています。内容のいい本は、いいパッケージにくるんであげればまだ売れると思います。そんなことを2ヶ月に1回のAD会で、編集者の皆さんと議論しあっています。(2015.6)