return     home
     書名:伏見宮
著者:浅見雅男
出版社:講談社
かつて「皇族」とは、
いかなる存在だったのか?
中世に世襲親王家として分岐し、独自の位置を占めた伏見宮系皇族。
幕末の動乱、近代天皇制国家の成立後、その存在は徐々に数と重みを増し、変質してゆく……。