return     home
     書名:ねじれ 医療の光と影を越えて
著者:志治美世子
写真:小山泰介
出版社:集英社
隣の病院で始まった 〈人間復興〉の闘い
追い詰められる医療従事者たち、不運な患者、知らされない家族は
「すくみあう現実」&「立ち去り型サボタージュ」とどう向き合ったか?