return     home
     書名:握る男
著者:原宏一
装画:龍神貴之
出版社:KADOKAWA

彼はその手で、全てを握る。この世の全てを。


[デザイン余談]
僕はこのテキストを読んだとき、単行本の装幀のように寿司がポイントではあるのですが、寿司屋をビジネスにした話なので、ビジネスマンに読んでほしい小説だと思いました。編集者の方と相談し、ビジネスマンが手にとるようなデザインにした方がよいと決めました。イラストは龍神さん。寿司屋のストーリーも表現し、オフィスビルを経済の象徴としたイラストになるように龍神さんにいろいろお願いし、描いていただきました。