return     home
     書名:曽呂利! 秀吉を手玉に取った男
著者:谷津矢車
装画:藤見よいこ
出版社:実業之日本社

秀吉はなぜ誑かされたのか。
口先だけで天下を取ったろか

文芸評論家こぞって激賞!いまもっとも注目すべき歴史小説界の若き才能が、
秀吉幕下を翻弄する謎の男・曽呂利新左衛門に迫る!


[デザイン余談]
曽呂利という、架空の人物の話です。いつの間にか秀吉のそばにいて秀吉をそそのかし、陰で政や、家臣たち操ってしまう人物を描いた傑作時代小説。イラストは、漫画家の藤見よいこさん。最初は別のイラストレーターさんにお願いするつもりでしたが編集側の事情で、藤見さんにお願いすることになりました。藤見さんはラフ20回以上ダメ出ししても何のその!気持ちよく僕のイメージにかなり近く描き上げてくれました。新しいイメージで手に取りやすいデザインになったかと思います。